歯を残す根管治療・歯内療法の銀座の歯医者

03-6263-9736

Mon: 9:00-13:00 / 14:00-18:00
Tue: 9:00-13:00 / 14:00-18:00
Wed: 9:00-13:00 / 14:00-19:00
Thu: Regular holiday
Fri: 9:00-13:00 / 14:00-18:00
Sat: 9:00-13:00 / 14:00-17:00
Sun: Regular holiday
お問合せ & WEB診療予約

精密根管治療

歯を残す精密根管治療

抜歯を宣告された歯も救う

1本の歯が経験できる根管治療には限界があります。限界を超えてしまうと歯の根の構造が治療に耐えきれず、最終的に抜歯に至るケースがほとんどです。

だからこそ再治療の少ない精密な根管治療が必要となります。この根管治療の達成度が歯の寿命に大きく関係してきます。

どんなに高価でキレイな歯を被せても、適切な根管治療がなされていない歯は長く機能しません。また、どんなにインプラント治療が良い治療であっても、自分の歯に勝る物はありません。

歯を抜かずに治すことが最良だと確信しているからこそ、歯を残すことにこだわった精密根管治療(マイクロエンド)を行っております。抜歯を勧められた方は、高い確率で歯を救える可能性があります。一度ご相談ください。

精密根管治療に適している方

他院で抜歯を宣告された方
根管治療を行ったが症状が改善しない方
歯の寿命を延ばしたい方
被せ物にセラミックを希望される方

なぜ根管治療が必要なのか?

根管治療とは、一般的に歯根(根管)についての治療のことを指します。

歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先の方の小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。

この歯髄が外傷や悪化した虫歯などで、細菌感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。

このような症状を改善させるには、歯髄を除去し歯を残す治療を行わなければなりません。これが根管治療となります。

精密根管治療で使用する機材

ラバーダム
マイクロスコープ
CT
マイクロインスツルメント
ニッケルチタンファイル
MTAセメント など

根管治療の流れ

01.むし歯の除去(局所麻酔併用)

02.ラバーダム防湿

03.術野消毒

04.根管の探索

05.根管形成・拡大

06.洗浄

07.根管充填(歯の根の中を材料で埋める)

08.仮封

  保険 自費
ラバーダム防湿

×

マイクロスコープ

×

時間

30~45分

60~90分

回数

5~6回

2~4回

MTAセメント

×

●(△)

マイクロインスツルメント

×

CT撮影

×

洗浄時間

短い

長い

予後

不明確

良好

費用

安い

高い

ラバーダム防湿とは

お口の中には、たくさんの細菌が存在しています。

舌や歯の表面、唾液に400種類以上、1000億個以上もの細菌が存在すると言われています。

これらの細菌が根管治療を行っている歯の中に入ってしまうと新たに感染を発症し、治癒を妨げることになってしまいます。

口腔内の細菌が治療中に根管内に入ってこないようにするために、ラバーダム防湿を行います。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは歯科用実体顕微鏡と言われるもので、小さいものを拡大して見る機器です。

当院のマイクロスコープは約3~20倍ほどの拡大率があります。

ヒトの歯の長さは大体1cm程度です。むし歯や歯の中の構造はそれよりももっと小さいです。
この大きさを肉眼で治療するには限界があります。

肉眼では見えにくい歯の中をマイクロスコープを用いて観察すると、このように見えます。

術前

術前

他院で過去に詰められた薬剤と細菌により、歯の中が汚い状態です

術中

術中

汚染されている部位をすべて取り除き、清潔な状態になりました

術後

術後

新たに薬剤を詰め直し、今後感染が起きない状態を作りました

この様な細かな治療は肉眼では到底不可能です。
精密根管治療にマイクロスコープは必須の器具ということがおわかりになるかと思います。

ご理解ください

このように、精密根管治療では様々な機材を用いた処置を行いますが、残念ながら、精密根管治療を行えばどんな歯でも残せるわけではありません。

例えば下記のような場合です。
・歯が割れている場合
・残っている歯の量が少なすぎる場合
・全身的な状態により、抜歯せざるを得ない場合
・治療に対して理解や協力が得られない場合

また、歯科治療は治療が済んだら、その後は通わなくていいというわけではありません。

根管治療も同様です。

根管充填した後に感染によって無くなった骨は3か月~数年にかけて治ってきます。

症状は無くなっても、治療後もレントゲン撮影を行い、治癒経過を確認させていただきますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。